各部名称

自転車のバルブの種類

自転車の空気を入れるバルブの話をすると、名称と種類がわからない方が多くいます。

空気を充填するバルブには次の3種類があります。

英式バルブ【イギリス式バルブ】

自転車バルブの種類の一つ、英式バルブになります。  主にシティサイクル、電動アシスト自転車等に使われています。

英式バルブ外観

英式バルブ【イギリス式バルブ】

英式バルブ【イギリス式バルブ】

 

英式バルブ構造

英式バルブ構造
パナ―レーサーHPより抜粋

 

タイヤに空気を入れる方は、
1、バルブキャップを外す。
2、トンボ口のクリップで袋ナットを挟む。
3、空気入れのポンプを加圧し空気をいれる。

詳しくは下記より

空気の入れ方

タイヤの空気が抜けた時など、まずは、虫ゴムを新しいものに交換してみましょう。

バルブキャップが無く、空気が漏れているのではと思われている方がおりますが、バルブキャップはブランジャーの先の汚れを防ぐ為のものです。

空気が抜けた時などは、まず袋ナットを外しプランジャー抜いて虫ゴムの確認をしてみましょう。

虫ゴムの正常な状態

虫ゴムの劣化
フランジャー【虫ピン】が見え空気が漏れる状態

 

仏式バルブ【フランス式・フレンチ式】

自転車バルブの種類の一つ、仏式バルブになります。主に、スポーツタイプの自転車、ロードレーサー、クロスバイク、マウンテンバイク等に使われています。

仏式バルブ外観

仏式バルブ【フランス式・フレンチ式】

仏式バルブ【フランス式・フレンチ式】

 

 

 

仏式バルブ構造

仏式バルブ構造
パナ―レーサーHPより抜粋

 

タイヤに空気を入れる方法は、

1、バルブのキャップを外す。
2、小ねじを回し、小ねじの頭を押しフランジャーを押し下げ空気が入る様にする。
3、仏式バルブ用口金を差し込みレバーを動かしバルブに固定。
4、空気入れのポンプを加圧し空気をいれる。

詳しくは下記より

空気の入れ方

 

米式バルブ【アメリカ式バルブ、シュレッダーバルブ】

自転車バルブの種類の一つ、米式バルブになります。車、バイク等にも使われており、主に、スポーツタイプの自転車、クロスバイク、マウンテンバイク等に使われています。

米式バルブ外観

米式バルブ【アメリカ式バルブ、シュレッダーバルブ】

米式バルブ【アメリカ式バルブ、シュレッダーバルブ】

 

 

 

米式バルブ構造

米式バルブ構造
パナ―レーサーHPより抜粋

 

タイヤに空気を入れる方は、

1、バルブのキャップを外す。
2、仏式バルブ用口金を差し込みレバーを動かしバルブに固定。
3、空気入れのポンプを加圧し空気をいれる。

詳しくは下記より

空気の入れ方

 

ココに注意

バルブの形状により、空気入れもバルブに合う物を用意する必要がありますのでご注意ください。

-各部名称

© 2022 バイシクル A to Z