メンテナンス関連

英式バルブ専用空気入れの使い方【イギリス式バルブ用空気入れ】

英式バルブ専用空気入れ

まず、英式バルブは次の形状のバルブです。

日本国内で、販売されている自転車に一番多く使われているバルブで、電動アシスト自転車、シティサイクル等に使用されています。

英式バルブ【イギリス式バルブ】

英式バルブ【イギリス式バルブ】

 

 

英式バルブ用空気入れは、次のものになります。

米式バルブ用空気入れ

米式バルブ用空気入れ【フロアポンプ】

 

 

英式バルブ専用の空気入れになり、空気れの先端は、英式バルブクリップになります。

英式バルブクリップ

英式バルブクリップ

 

 

この英式用バルブ用空気入れは、仏用バルブ【フレンチ式バルブ】と、米式バルブ【アメリカ式バルブ】には空気をいれられませんが、変換アダプターを利用すれば、この空気入れで空気を入れられます。

仏式バルブ用変換アダプター【仏式⇨英式・仏式⇨米式】

米式バルブ用変換アダプター【米式⇨英式】

 

英式バルブへの空気の入れ方?

自転車のバルブは、次の様になっています。

 

step
1
空気を入れるために、黒いバルブキャップを外します。

 

step
2
英式バルブに、英式バルブクリップを挟み込みます。

ココに注意

英式バルブクリップの空気が出る部分と、英式バルブの空気を入れる部分の穴がずれていると空気が入りませんのでご注意下さい

 

step
3
ハンドルを上下に動かし空気をいれます。

 

空気が入れ終わったら、英式バルブクリップを外し、バルブキャップを取り付けで終わりです。

 

空気が入らない場合

問題と対応方法

ハンドルを上下にしても空気が入らない場合は、次の事が考えられます

・パンクしている ※パンク修理等が必要

・バルブの袋ナットが緩んでいる ※袋ナットを占めなおす

 

問題と対応方法

英式バルブクリップを外した時に空気が抜ける場合は、次の事が考えられます

・虫ゴムが劣化している ※虫ゴムの交換が必要

 

上記に明記してある部品名は、下記の図でご確認下さい。

英式バルブ構造

英式バルブ構造
パナ―レーサーHPより抜粋

解決できない場合は、自転車屋さんにお願いしましょう。

 

-メンテナンス関連

© 2022 バイシクル A to Z